« ■中国 鳥インフルエンザの現状と防止対策 | メイン | ■国際的な狂牛病発症の現時点での確認頭数 »

2004年07月14日

■GMビールが登場する

■GMビールが登場する
 モンサントを始めとするバイオテク連合が資金援助をする

 ビール醸造業のケンス・ペルソンは、遺伝子組み替えトウモロコシを含む新しいライトビールを公表した。最初にこれが導入された時には、グリーンピースの活動家達は、スウェーデンとデンマーク中をケンスのビールが積み込まれたトラックを追いかけた。欧州連合の4億5700万人の住民のほとんどは、どのような種類であれ、遺伝子修正であれ何であれ、自分の食物が変更されないようにする決意は固い。(AP) 生物工学産業は、ヨーロッパ大陸中で食べ物に気難しいヨーロッパ人により拒絶されて、新境地でのGM転向者を求めて、遺伝子組み替えビールに目を向けた。モンサントにより導かれた世界の最大手のバイオ企業の連合体が、通常のホップ、大麦、さらに遺伝的子設計トウモロコシを一部加えて造られたスウェーデン醸造会社の新しいライトラーガービールに資金の援助をした。醸造マスター、ケンス・ペルソン、は、彼のバイオテク醸造が生み出している悪名から利益を受ける事を望んでいる。他方バイオテク諸企業は、ヨーロッパの規制担当機関が遺伝子変更食物にヨーロッパ大陸を徐々に開くにつれ、このビールが消費者を穏やかに影響することを望んでいる。

 しかし、それはとてもかなえ難い要望である。一連の食物に関連する近年の健康への恐怖、狂牛病から毒性がある鶏肉、は、いわゆるGM食物について多くのヨーロッパ人の間の恐怖に火を注いできた。ヨーロッパ人は、そのような食物はラベルをはっきりと貼られるべきであると強く主張して、米国の消費者とは対照的である。彼等は加工食品の多くが遺伝子設計された大豆やトウモロコシを含んでいて、しかもそのようにラベルを付けていなくても、気にしていないようである。

 実際欧州連合の4億5700万人の住民のほとんどが、どのような種類の修正も、遺伝子であれまたは他のものであれ、食物に受け入れない決心は堅い。そして、その事がなぜケンスのビールが酒屋のヒットとはとてもいえない理由かもしれない。ケンス醸造は、デンマークとスウェーデンで今年早くにそのビールが初公開されて以来、何本が売れているかを言っていない。しかし、ケンスは、4000本が酒店とドイツのパブに向かっていて、イギリスの商店とは会合中であると言っている。

 フィンランド全国消費者調査センターによって今年早く実施された研究は、製造された食品についてのすべての危惧のなかで、遺伝子組み替え食品はその危惧リストの最上位を占めていた。人口の約60パーセントはその調査では、「強い懸念」を表明していた。

 スウェーデンの首都、ストックホルム、に拠点がある、モンサントのスポークスマン、Mattias Zetterstrand、はこう述べている:「今度のビールは、モンサントが、バイオテクの論争は、「科学者、政治家、NGO、の内輪の枠からけっして外に出る事は、なかった、と、感じたからだ。私達の希望は、抽象的な議論をより具体的にしてこの状況をよくしたかったのだ。」ケンスのトウモロコシは1998年に、ヨーロッパのモラトリアムが始まる前に、使用が承認されていて、ドイツで育てられたものだ。モンサントで作られたトウモロコシ種子は、殺虫剤の必要がないように、メイガ害虫に抵抗するようバクテリアの遺伝子が挿入されている。

 Zetterstrandは、バイオテクの連合がどのくらいの資金をこのプロジェクトに寄与したかを言わないけれども、バイオ諸企業がこの小さなスウェーデンの醸造会社の株は購入していないし、ビールの販売からの分け前を受ける事はないと言った。このGMビールプロジェクトに関係している他の会社は、Bayer CropScience、デュポン、プラント・サイエンス・スウェーデン、Svaloef Weibull、およびSyngenta社である。醸造会社のペルソンは、彼が、欧州連合がラベルをGM成分にも付けることうるさく勧めている時に、欧州連合に遺伝子組み替え飲料を売ることが危険な事業であることは自覚していると、言った。グリーンピースの活動家達は、最初GMビールが導入された時は、ケンスのビールが積まれたトラックをスエーデンとデンマークで追っかけて、酒店や居酒屋オーナーにそれを買わないように薦めた。グリーンピースは大きな食糧品店がそれを仕入れることをやめるように圧力をかけ続けている。
By Matt Moore

参考資料
CBS News | Europeans Balk At Biotech Beer | July 8, 2004 16:28:21
Europeans Balk At Biotech Beer
COPENHAGEN, Denmark, July 8, 2004

Author:事務局 : 2004年07月14日 11:47